病院概要専門外来のご案内 ≫ 神経内科

はじめに

神経疾患の主な症状〜このような症状の時は神経内科への受診を

神経内科とは?

神経内科は脳・脊髄・末梢神経・神経筋接合部・筋肉に異常がある患者さまを診る内科です。
神経内科を受診していただく症状としては頭痛・めまい・ふらつき・しびれ・力が入らない・転びやすい・話しにくい・むせやすい・もの忘れ・体のふるえ・物が二重に見える(複視)などがあり多岐に及びます。
どの症状もつらいもので患者さまの生活の質を低下させます。
そして多くの患者さまが「まずどこの科を受診すればいいのか」と悩む症状ばかりです。
そのような症状をお持ちの方はぜひ神経内科を受診していただけたらと思います。
すべての症状を改善させるのは時に難しいこともありますが、少しでも症状が改善する・うまく症状と付き合っていけるお手伝いができたらと思います。
また先ほどあげた症状以外のものでも、どこの科にかかったらいいかわからない患者さまもいらっしゃると思います。
神経内科は内科であることからそのような患者さまの入り口になれることもありますので、まずはご相談いただけたらと思います。



神経内科で扱う主な病気

脳の病気 脳血管障害、髄膜炎、脳炎、パーキンソン病、パーキンソン症候群、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、神経ベーチェット症候群、ハンチントン舞踏病、頭痛、認知症、てんかん、不随意運動(振戦、チックなど)、脳腫瘍、脳膿瘍、慢性硬膜下血腫、脳性麻痺 脊髄の病気 脊髄炎、頚部脊髄症、頚部脊椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、脊髄空洞症、筋萎縮性側索硬化症、スモン、家族性痙性対麻痺、HAM、亜急性脊髄連合変性症、脊髄外傷、脊髄腫瘍、脊髄血管障害 末梢神経の病気多発神経炎、単神経炎、多発性単神経炎、絞扼性神経炎、顔面神経麻痺、三叉神経痛、肋間神経痛、坐骨神経痛、ギラン・バレー症候群、CIDP、ライム病、顔面攣縮、中毒性ニューロパチー(砒素、薬物)、代謝性ニューロパチー(糖尿病、尿毒症)、栄養障害ニューロパチー(アルコール、脚気、ペラグラ)、癌性ニューロパチー、シャルコー・マリー・トウース病 筋肉の病気 筋ジストロフィー、多発筋炎、重症筋無力症、ミトコンドリア・ミオパチー、遠位型ミオパチー、代謝性ミオパチー、内分泌障害によるミオパチー、先天性ミオパチー、先天性筋強直症、周期性四肢麻痺

頭痛外来のご案内

頭痛には大きく分けて症候性頭痛(二次性頭痛)と機能性頭痛(慢性頭痛)の2つがあります。
症候性頭痛はくも膜下出血、脳内出血、脳腫瘍、髄膜炎など画像検査や髄液検査などで原因がわかる頭痛です。
突然発症が多く、緊急性の高い頭痛がこれに当たります。
機能性頭痛(慢性頭痛)は原因不明で主に緊張性頭痛、片頭痛、群発頭痛に大別されます。
こちらの方は基本的には命に危険が及ぶことはありませんが、繰り返すことがほとんどで生活の質を低下させる原因となります。
それぞれの頭痛に対し様々なアプローチが可能ですが、やはり頭痛そのものは個人差が多いのが実情ですし、中にはなかなか改善しない例もあります。
だからこそ「たかが頭痛」と考えずに、頭痛でお悩みの方は頭痛を専門的に取り扱っている神経内科を是非受診していただけたらと思います。

診療スタッフ紹介

■担当医
河端 聡


<出身大学>
 2009年03月 鹿児島大学医学部卒業
<略歴>
 2009年04月 旭川赤十字病院初期研修
 2011年04月 旭川赤十字病院神経内科
 2015年04月 愛生会病院神経内科医長
<担当診療科>
 神経内科・内科
<所属学会、認定医等>
 日本神経学会神経内科専門医
 日本内科学会認定内科医
 日本神経治療学会
<職位>
 神経内科医長

外来診療案内

●受付時間
 新患受付時間
 再来受付時間
16:00まで
16:30まで
●診療時間
 初診・再診共に 月曜日〜金曜日

土曜日
午前8:45〜12:30
午後1:30〜05:00
午前8:45〜12:30

●ご来院の際は、前もって担当医師の休診の有無を電話で確認の上ご来院ください。

●新患の場合は、診療終了時刻の1時間前には受付をして下さい。

●神経内科の担当医については、外来診療表をご覧下さい